賃貸の保証人代行サービス|ニーズに合わせることで不動産売却が成功する
男性

ニーズに合わせることで不動産売却が成功する

賃貸の保証人代行サービス

男女

債権不履行の不安を解消

近年、多くの賃貸オーナーの間で共通の悩みとなっているのが、入居希望者から「連帯保証人が立てられない」という申し出が増えていることです。賃貸借契約の締結において連帯保証人を選定することは、債権を安全に確保する上でオーナーにとっては当然のことと言えます。保証人なしで部屋を貸すことは、経営上のリスクが大き過ぎます。ただ、入居希望者の側にも事情があります。連帯保証人の定番といえば定職を持っている親をはじめとする年長の親族ですが、高齢化や雇用情勢の流動化等によって、身近に適任者が見当たらなくなっている人が増加しているのです。こんな時の解決策となるのが、賃貸保証会社の利用です。保証人なしでも、債権不履行のリスクを減らしてくれます。

間接的な空き室対策にも

賃貸保証会社は、家賃等の債務に対する支払いを保証する事業者です。入居者が家賃を支払わなかった場合は、オーナーの求めに応じて代位弁済を行います。入居者から支払われる保証料によって運営されますが、支払い方法は入居時に一括、あるいは毎月の家賃に上乗せなどさまざまです。賃貸保証会社の利用は、入居者とオーナーの双方に人気があります。入居者にとっては、連帯保証人を立てられないばかりに賃貸住宅への入居や住み替えを躊躇せざるを得なかったのが、安心して部屋探しができるようになります。一方、オーナーにとっては債権未回収の恐れが解消されるばかりでなく、賃貸保証会社が入居へのハードルを下げてくれることで物件稼働率のアップも期待できます。