借りやすい物件にする|ニーズに合わせることで不動産売却が成功する
男性

ニーズに合わせることで不動産売却が成功する

借りやすい物件にする

積木

人気の賃貸物件

賃貸マンション経営で確実に収益をあげたいと思っているのなら、借りやすいマンションにすることが重要です。いくら立地条件の良い場所に設備の整った賃貸マンションを建てたとしても、借りにくい条件になっていれば入居希望者が集まりません。誰も入居してくれなければ当然家賃収入も入ってきませんので、宝の持ち腐れになってしまいます。とはいえ、借りやすいマンションの条件と言われても、ピンとこない人が少なくありません。近年増加してきているのは、初期費用を安く抑えている賃貸マンションです。礼金・敷金なしとか、仲介手数料無料などといった宣伝文句がよく見られます。しかし、意外な盲点になっている条件があります。それは、連帯保証人の有無です。今は連帯保証人を立てることが難しい人が増えているため、保証人不要をうたっている賃貸マンションに人気が集中しています。ですから、入居希望者が殺到する賃貸マンションにしたいと考えているのなら、家賃保証会社を利用して、保証人不要にするのが得策です。

保証人不要物件

見ず知らずの赤の他人に部屋を貸すのですから、家主としては、万が一のことが起こった時に責任を取ってくれる保証人を立ててほしいと考えるのが当然です。責任を放棄して逃げ出してしまうような保証人では困りますから、賃借人の親もしくは兄弟、せいぜい叔父位までの親族を連帯保証人に立てるのが原則になっています。しかし、現在のように核家族化が進んでいると、連帯保証人になってくれそうな人が誰もいないというケースが珍しくなくなっています。叔父や兄弟など1人もおらず、親は高齢で年金暮らしという人の場合、誰にも連帯保証人を頼むことができません。そこで脚光を浴びるようになったのが、家賃保証会社です。賃借人は連帯保証人を立てる代わりに家賃保証会社との間で保証委託契約を結びます。そうしておけば、万が一のことが起こっても、家賃保証会社が家賃を立替払いしてくれます。家主は、誰の財布から出たお金であろうが、家賃さえ受け取ることができれば何の問題もありません。今は保証人を立てられない人がとても多くなっているため、人気物件にしたいのであれば家賃保証会社を利用するのが一番賢明です。