最適な方法を選択する|ニーズに合わせることで不動産売却が成功する
男性

ニーズに合わせることで不動産売却が成功する

最適な方法を選択する

集合住宅

オーナーが行なうには

賃貸物件を経営する場合には、様々な賃貸管理が必要となります。賃貸管理は、オーナー自身が行なうことで、管理会社などに支払う費用を節約することもできます。ただし、身体的・精神的な負担が多い業務です。家賃の徴収は最も大切な業務の1つですが、すべての入居者が遅滞なく毎月支払ってくれるわけではありません。地域や経済状況にもよりますが、前月末に支払いが行なわれず、月初の時点で未納となるのは、7%程度という調査結果があります。うっかり忘れてしまった入居者でしたら、すぐに対応してくれるでしょうが、そうではない場合もあります。オーナーが賃貸管理をしているのであれば、そういった事態にも自分で対応することも考慮しておきましょう。

業者に依頼する場合

賃貸管理には様々な業務がありますが、共用部分の清掃などのメンテナンスも大切な仕事です。それによって、建物の価値を維持することにも役立ちます。また、家賃の未納や契約違反などが発生した場合には、迅速で適切な対応が必要になります。賃貸管理はオーナーが行なうこともできますが、業者に委託することも可能です。賃貸管理の経験が豊富な業者であれば、問題に対し適切な処理が可能です。それにより、オーナーだけではなく、入居者のストレスも軽減することができます。ただし、賃貸管理を行なっている業者によって、サービス体制などが異なるため、信頼できる業者を探すことが不可欠です。業者の評判をチェックしたり、他社と比較したりしながら、最適な業者を選択しましょう。